APSP

  • 最終更新日:2021年02月15日
  • 公開日:2020年12月26日
APSP_Title

HCL製品のサポート・保守契約 にプラスし、お客様環境を加味した保守体制を提供する当社独自のサポートです。

例えば、日々の業務において、以下のようなことでお困りではないでしょうか?

  • 運用サポートではなく、自社の環境を加味したテクニカルサポートが欲しい
  • 社内のアプリ開発で、不明点がある時だけテクニカルレポートを受けたい
  • サポートは、電話・メールではなく、オンサイト(現地サポート)で受けたい
  • HCL製品の運用管理を安価にアウトソーシングしたい
  • 既存アプリの軽微な修正を時々対応して欲しい

APSP では、お客様にHCL製品をより良く活用いただくためのソリューションです。
当社では、APSP による柔軟なサポート体制を提供しております。

特徴

APSPとHCL保守サポート範囲

HCL保守契約が製品のサポートに対して、APSPはお客様環境へのサポートを行っています。

solution-service-APSP-1

HCL保守契約との違いを詳細化したものは、以下となります。

  APSP HCL保守契約
製品サポートバージョン HCL保守切れバージョンも含め弊社ノウハウで対応
⇒ND11、ND10、ND9,ND8.5、ND8、ND7、ND6.5、ND6、
R5、R4
HCL保守対象バージョンのみ対応
⇒ND11、ND10、ND9
製品不具合時対応 ・製品動作についての現象の確認
・弊社過去事例(経験・スキル)に基づくサポート
・保守契約がある場合、保守サービスへの問合せ
・代行や、問合せ支援
・製品メーカーとしての対応
・製品動作について、仕様またはバグかの判断
・製品改善要望・障害修正要求の受付
・製品障害修正プログラム(Feature Pack、Hotfix)の
提供される場合あり
システム障害対応 ・お客様の運用継続の観点からの対応
・弊社ノウハウによりお客様環境に沿った運用回避策などをご提示
・オンサイトサポートも対応
・主に製品障害か、お客様環境での障害かの判断
・オンサイトサポートは未対応
・ログの解析
アプリケーション開発 ・お客様の運用継続の観点からの対応
・弊社ノウハウによりお客様環境に沿った運用回避策などをご提示
・オンサイトサポートも対応
・主に製品障害か、お客様環境での障害かの判断
・オンサイトサポートは未対応
・ログの解析
社内教育支援 簡易管理者教育や、ユーザー操作トレーニングなどお客様の意向に沿った対応が可能
その他エンジニア業務 弊社が提供可能なエンジニア業務は対応可能
対応方法 手段:専用サイト、メール、電話、オンサイト
専用サイトでのQ&A、ログは累積保存
手段:専用サイト、メール、電話
問合せQ&Aログは、数ヶ月のみ保存


ポイント制度

名前の通り、APSPはポイント制を採用しています。
ポイント制の良いところは、対応が必要なところをピンポイントでサポートできることです。
購入後、2年間ポイント利用できるところもオススメできます。
以下にポイント消化例を記載します。

solution-service-APSP-2


HCL 製品以外のサポートについて

今後当社では、HCL製品だけではなく様々な製品、サービスとの連携を強めていくことを考えています。


最新情報

APSPで UiPathの保守サポート開始いたしました。

solution-service-APSP-UiPath-1

solution-service-APSP-UiPath-2

solution-service-APSP-UiPath-3
solution-service-APSP-UiPath-4